栂峰渓流水 

平成の名水百選に「栂峰(つがみね)渓流水」が選定されました

栂峰渓流環境省では、平成20年7月に環境問題を主要議題の一つとして開催されてた。北海道洞爺湖サミットにちなみ、水環境保全の一層の推進を図ることを目的に、現在の「名水百選」(昭和60年選定)に加え、新たな名水「新・名水百選」を選定しました。

市では、市内各地に存在する湧水などの推薦を各総合支所に依頼し、多くの関係機関および市民の協力を得て、平成20年3月に「栂峰渓流水」を「新・名水百選」の候補として応募いたしました。

日本百名山「飯豊山」に連なる会津百名山「栂峰」(標高1541メートル)には、オオシラビソの群生地(約36ヘクタール)があり昭和54年福島県自然環境保全地域に指定されています。また周辺地域では、昭和60年ふくしま緑の百景「日中大桧沢(おおひざわ)のブナ原生林」が選定されています。

このように、水量・水質・景観の3拍子そろった「栂峰渓流水」は、全国から推薦のあった162ヵ所の湧水などの中から選ばれた「環境省選定 平成の名水百選」100ヵ所の一つとして栄誉をいただくことができました。